1. トップページ
  2. シワ・たるみとりコスメ
  3. ≫アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ 徹底研究

アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ 徹底研究


アンプルール内容物

現役の美容皮膚科医(しかも美人!)が開発している国産ドクターズコスメ・アンプルール。2003年の発売から10年あまり、リニューアルも重ねています。ただ、もともとシミ・肝斑を得意にしている先生で、「美白」がメインのイメージがあるんですよね。なので、シワ・たるみのエイジング系はどうなのかなーと思っていたのですが、調べてみるとなかなかの優れものだということがわかりました。

シワ・たるみとりコスメに必須!4つのポイント評価

コラーゲンを増やす 肌の水分量を増やす 抗酸化作用 浸透メカニズム
星5個 星5個 星4個 星4個

シワ・たるみとりコスメを選ぶときにはずせない4つのポイントとは?

  特にこんな人におすすめです!

  • このごろ頬の毛穴がすごく気になるし、ファンデーションが毛穴落ちする
  • お手入れを楽しむためにも、やっぱり良い香りやテクスチャーは大切だと思う
  • 基本通販だけど、肌診断やカウンセリングを店頭で受けられたら受けてみたい
  • どちらかというと高級志向で、ライン使いのほうが効果的だと思っている

button_m_koushikisaito button_m_taiken 

 

簡単にまとめちゃうと、アンプルール ラグジュアリー・デ・エイジはこんなコスメです
  • アンチエイジング発想の美容皮膚科クリニック院長(女性)が開発しているドクターズコスメ。
  • “細胞”コスメ → 4種の成長因子(GF)と植物幹細胞がダブルで、皮膚のさまざまな細胞に働きかけるというのがウリ。
  • 他のコスメと比較すると、かなり多くの有効成分を配合したリッチな処方。パッケージも金色でラグジュアリー感あり。香りやテクスチャーにもかなりこだわっている。

m0342-9239-14050008

なつきです。
年とともに頬の毛穴、目立ってきていませんか?毛穴ケアといえば、丁寧にクレンジングする、冷水で引き締める、貼ってはがすタイプのパックをするなどが一般的に思いつく方法ですね。待って、待って!! こういうのは、頬の毛穴には効果がありませんよ。

鏡を見ながら、頬に手のひらを添えて、 ちょっと引っ張ってみてください。毛穴、目立たなくなりますよね … これは「たるみ毛穴」なんです。またの名を「ゆるみ毛穴」とも呼ばれています。
たるみ毛穴」の原因は、加齢によるお肌のたるみです。お肌の土台をつくっている真皮層のコラーゲンやエラスチンは、年齢とともに減ってしまいます。そして、だんだん表情筋も弱くなってしまうので、皮膚や脂肪が下がってきます。よくみると、毛穴の形、丸くないですよね。お肌にハリがなくなっちゃうと、重力には逆らえないので、丸い形が楕円形になったり、涙型になったりするんです。

ダーマローラーアンプルールのラグジュアリー・デ・エイジは、お肌のハリを取り戻すために、美容皮膚科の先生らしい成分を配合しています。それがGF(成長因子=グロースファクター)で、代表的なものにEGFFGFがあります。
ちょっとめんどくさい話になるのですが、GFは細胞の受容体と呼ばれる部分に働きかけて、タンパク質を作り上げる信号を刺激することによって、細胞を増殖させる作用があります。美容皮膚科では、レーザーや特殊な機器を使用して、皮膚の表面に細かい穴をたくさんあけて、GFを直接真皮付近に打ち込むような使用法を取っています。これによってお肌にハリが出てきます。で、ラグジュアリー・デ・エイジは、4種類もGF配合しているんです。

ラグジュアリー・デ・エイジとゆるみ毛穴について、もっと詳しくはこちらへ

アンプルール ラグジュアリー デ エイジを4つのポイントでチェック

それでは、シワ・たるみとりコスメに絶対欠かせない4つのポイントについて、アンプルール ラグジュアリー デ エイジをチェックしていきましょう。

コラーゲンを増やす成分が入っている

コラーゲンをつくっているのが、真皮にある線維芽細胞です。加齢によって細胞自体が減ってしまったり、元気がなくなるので、コラーゲンも減ってしまいます。線維芽細胞を刺激することによって、コラーゲンを増産させるGF、FGF(アセチルデカペプチド-3)が配合されています。
また、線維芽細胞のもとになる細胞というのがあって、真皮幹細胞というのですが、ここに働きかけて活性化するといわれているのが植物幹細胞です。ラインのすべてに、モロッコの希少植物アルガンツリーの新芽から得られる幹細胞エキス・アルガニアスピノサ芽細胞エキスが配合されています。

肌の水分量を増やす成分が入っている

お肌のいちばん外側にある角層細胞のすきまを埋めている「角質細胞間脂質」の一種がセラミドで、水分を抱え込んでいる物質です。加齢で代謝が悪くなってくれば、セラミドも減ります。ということで、3種のセラミド(セラミド1・3・6Ⅱ)に加え、セラミドの前駆体であるフィトスフィンゴシン、バリア機能を形成するために不可欠な成分であるコレステロールを合わせて配合して、効果を高めています。
また、水をしっかりとキャッチして離しにくいという性質を持ち、砂漠や極寒の地域など厳しい環境に生息する生物の生命維持に深く関わっていると言われている天然の糖質・トレハロース、真皮にもともとある成分であるコラーゲンヒアルロン酸も保湿成分として使われています。

抗酸化作用がある成分が入っている

お茶・豆類に多く含まれている抗酸化物質・没食子酸(もっしょくしさん)エピガロカテキンを配合しています。また、GFのひとつ・TRX(チオレドキシン・ヒトオリゴペプチド-4)は、ほとんどの生物細胞に存在するタンパク質で、酸化ストレスから細胞を守る働きをしています。


しっかり肌に浸透するメカニズムをもっている

純金をナノレベル(1億分の2メートル・2ナノメートル)まで微細化し、水分中に均一に溶解・分散させたゴールドCLアクティブ(コロイド性金)が配合されています。微細化された金がお肌に浸透すると、新陳代謝や血流が良くなるといわれていますので、他の成分の吸収も良くなります。ドクターズコスメらしく、リニューアルのたびに、高浸透や乳化の技術も進化しているようです。

アンプルールの公式サイトへ

開発者の髙瀬聡子先生がキレイなんで、使う前から期待が高まるよね。わたしはもともと高級スキンケアが大好物で、わりと見た目やブランドにも弱いので、かなり好みなタイプ。香りもいいし、なんていうのかつけ心地まで考えられていて、お手入れしていて女性らしい気分になるのよ。
美容液のリジュリューションαは、使うとお肌がつるっとしてきて、毛穴がふっくらする感じで、良かったな。「アンプルール=ハイドロキノン=美白」みたいなイメージもあって、エイジング系はどうなのかなって思っていたけど、なかなか実力あるわね。

目の下のたるみとシワが一番の悩みのわたしとしては、アイクリームのラインセラムアイ、気に入ったな〜。かなりこっくりと濃い感じなんだけど、べたつかないし、ピッとしたハリが出るのよ。
あとね、あんまり知られてないみたいなんだけど、実は通販だけじゃなくって、店頭販売もあって、スキンコンシェルジュの肌診断受けて、サンプルもらうっていう手もあるらしいのよ。

おすすめの関連コンテンツ

アンプルールトライアルレースアンプルール ラグジュアリー デ エイジを使ってみました
現役美容皮膚科医の開発したドクターズコスメ。日本人の肌を知りつくしたうえで開発されているエイジングケアコスメは4つのポイント評価第2位で期待大!果たして、目指す「つるんと」したキメハリ美肌は実現したのか?ちょっと残念だった点も率直にレポートしてみました。

香織となつきWアイコン決定!シワ・たるみとり最強コスメランキング!
このサイトでは、シワ・たるみとりコスメを、美容皮膚科の先生や、化粧品開発担当者に取材したり、各種の研究結果も手分けして調べた結果決めた4つのチェックポイントで評価しています。そして、必ず実際に使ってみた上で、結果が出るものをランキングでご紹介しています。買う前にはぜひ参考にしてくださいね。

わたしたちの記事に何か感じるものがありましたら、ぜひシェア・保存・ツッコミ♡をお願いします!