1. トップページ
  2. シワ・たるみとりコスメ
  3. 通販系コスメ
  4. ≫アテニア ドレスリフト徹底研究

アテニア ドレスリフト徹底研究


アテニアトライアル開封クローズアップ

アテニアといえば、いつもアピールしているのが 『時計美容』というキャッチコピーです。
『時計美容』?… なんだか聞いたことがありませんし、わかりにくい?
夜行われるお肌の再生効率を最大限に引き上げるしくみらしいのですが、いったいどういうことなのか、解明してみました。

シワ・たるみとりコスメに必須!4つのポイント評価

コラーゲンを増やす 肌の水分量を増やす 抗酸化作用 浸透メカニズム
星2個 星3個 星3個 星4個

シワ・たるみとりコスメを選ぶときにはずせない4つのポイントとは?

アテニア ドレスリフト はこんなコスメです

  • 朝は化粧水→乳液、夜は化粧水→クリームの2ステップでのお手入れ。
    朝は水分補給・保湿と抗酸化、夜も水分補給・保湿中心。
  • 精油(アロマ)を配合することによって、「睡眠の質」を高めれば、肌再生力が上がるという、実はかなりシンプルな考え方。
  • アテニアのトライアルセットといえば、ポーチが有名だったが、2015年1月のスキンケアリニューアルから中止した。
  • ファンケルの子会社だが、ファンケルのように「無添加」売りではなく、「一流ブランド並みの品質を低価格で提供」がコンセプトなので、ファンケルが安く変えるブランドというわけではない。

button_m_koushikisaito button_m_taiken

 

『時計美容』の目的とは、どうやら睡眠の質を高めることらしいです?

香織サムネイル

香織です。
すみません、簡単に言い切っちゃって(笑)
ただ、かなり調べてみたのですが、正直「時計美容」ってどうもわかりにくいキャッチコピーで、アテニアの場合は、結局朝用と夜用があるという以上に、わざわざ言うほどのことでもないかな〜っていう感じなんです。
で、しいて言うなら、コスメで睡眠の質を上げることによって、肌の再生効率を上げることを目的としているのかな と。

(前略)… 現代女性は、日中の紫外線や乾燥による外的ダメージ、そして、多忙やストレスによる内的ダメージに晒されることが多いため、時計遺伝子の働きが発揮されにくい状況にあることがわかりました。
アテニアは、化粧品業界で初めて時計遺伝子の働きに着目し、肌再生効率を最大限に引き上げるという革新的な発想の24時間『時計美容』スキンケアを生み出しました。

これを読むと、「おー!時計遺伝子って大事なのね。じゃあ、時計遺伝子の働きを正常化してくれるような成分が入っているんだ!」って、思いますよね。

説明すると、長くなっちゃうんですが、体内時計っていう言葉は聞いたことがあると思います。
人間の体をつくっている約60兆個の細胞ひとつひとつに、時計(遺伝子)が組み込まれていて、体内時計をコントロールしています。
たとえば、コラーゲンやエラスチンをつくっている線維芽細胞(せんいがさいぼう)という細胞があります。
老化した細胞は時計遺伝子に狂いが生じていて、コラーゲンの産出量が低下するそうなんです。

アテニア時計美容パンフレットP9

で、アテニアのアプローチというと…。
<朝>紫外線や乾燥などの外的ダメージを防ぐ → <夜>アロマで自律神経に働きかけ、ストレスケアをする → 眠りの質が上がって、肌再生効率が上がる。
おーい、どこ行った、時計遺伝子??

写真の説明にある「2大アンチエイジングホルモン」とは、成長ホルモンとメラトニンです。
寝始めの3時間に分泌がさかんになる成長ホルモンは、肌の修復作業に大きな役割を果たしていますし、メラトニンは体内時計をセットするホルモンで、眠りを促します。
両方とも、確かに美肌のためには大切です。

では、アテニア ドレスリフトに、その2大アンチエイジングホルモンを活性化するような成分が入っているかというと?
ナイトクリームだけに配合されている「インカオメガオイルEX(プルケネチアボルビリス種子油)、「3Dヒアルロン酸」(ヒアルロン酸クロスポリマーNa)、いずれもホルモン活性化には、特に関係がないんですよね。

こうして調べていくと、どんどん疑問が湧いてきて、いろんなことがあいまいで、わりと一般的なアンチエイジングコスメを、「時計遺伝子」だの、「アンチエイジングホルモン」だのという言葉を散りばめることによって、ちょっと過剰に演出しているように思えてしまうんです。

2015年のリニューアルの時に、アテニアの須釜憲一社長がインタビューに答えて、「アテニアは創業時から生体リズムを意識して”日中用””夜用”といった商品の棲み分けを行っており、『時間美容』はとってつけた概念ではない」とおっしゃっているのが、なんだかかえって「とってつけた」感じがしてしまうんですよね(笑)


アテニア ドレスリフトを4つのポイントでチェックしてみると

それでは、シワ・たるみとりコスメに絶対欠かせない4つのポイントについて、アテニア ドレスリフト をチェックしていきましょう。

コラーゲンを増やす成分が入っている

ローション、乳液、クリームのすべてに、発酵コラーゲン(加水分解コラーゲン)が配合されていますが、保湿作用はあるとはいえ、これでコラーゲンが増えるわけではありません。
自然界ではローヤルゼリーだけに含まれるといわれるデセン酸という不飽和脂肪酸の一種は、コラーゲンの産生を促進すると言われています。


肌の水分量を増やす成分が入っている

保湿剤として使われるラフィノースは、 肌の一番上の角層で水分を保持している角質細胞間脂質の「ラメラ構造」を再生することができるという特許を、親会社のファンケル中央研究所が出願しています。
インカオメガオイル(プルケネチアボルビリス種子油)は、経皮水分蒸散量(TEWL)を抑制して、皮膚のバリア機能を改善すると言われています。
また、バラ科植物マルメロの種子から抽出されたクインスシードは、水を含ませると、見た目チアシードのように、粘着質のゼリー状に変化します。保水力の持続性に優れた成分です。


抗酸化作用がある成分が入っている

テンニンカ果実エキスの成分であるピセアタンノールは、紫外線UVBのダメージ抑制作用を有する成分です。
ゼニアオイ花エキスも、抗酸化、抗炎症,皮膚柔軟作用があると言われています。


しっかり肌に浸透するメカニズムをもっている

極小ナノカプセルは肌の深いところまで届くものの、小さいだけに有効成分の内包量が少なくなってしまうという問題があったため、カプセル膜を薄くし、小さくても成分を多く内包できるようにする研究を進めて、特許を出願しています。

アテニアの公式サイトへ


アテニアには、保湿ケアの「プリマモイスト」と、エイジングケアの「ドレスリフト」があるんだけど、低価格なわりにはけっこうパッケージも気を使っていて、高級感があるよね。
基本朝、夜ともに2品ずつのシンプル・時短ケアだし、「時計遺伝子」なんていうちょっと新しい概念も取り込んでいて、期待はわりと大きかったんだけど、ちょっとイメージ先行だったかな〜。

そうね〜、現品を使っても、基本の4品だけだったら1か月あたり5.000円以内で済んじゃうので、ほんとに効果があるのなら、まさに「高品質・低価格」なんだけど。
「時計美容」という基本のコンセプトも、どうもそれほどの説得力がないし、配合成分にも特に新しさがないので、わたしたちとしてはそれほど押せるポイントがなかったわね。

おすすめの関連コンテンツ

アテニアドレスリフトイメージ アテニア ドレスリフト を使ってみました
「時計遺伝子」「アンチエイジングホルモン」「自律神経」など、かなり興味深いポイントをアピールしてくるアテニアのドレスリフトを、実際に使用してみました。ダマスクローズの香りはなかなか良いですし、基本2品のシンプルケアも効果があるのなら、時短で助かりますよね。でも、一言で言ってしまうと、あんまり特徴がないのが特徴?

もう失敗したくない!本気で探したシワ・たるみとりコスメランキング

香織となつきWアイコンシワ・たるみに効く最強コスメを徹底的に探せ!
シワ・たるみとりコスメを選ぶときに失敗しないためには、絶対に欠かせない4つのチェックポイントがあるんです。
さらに、チェックポイントをクリアーしたコスメを2人で実際に使って徹底レビュー、その上でおすすめできるコスメをランキングでご紹介しています。

わたしたちの記事に何か感じるものがありましたら、ぜひシェア・保存・ツッコミ♡をお願いします!