1. トップページ
  2. 徹底レポート
  3. ≫ビーグレン 乾燥・保湿ケアトライアルセットを使ってみました

ビーグレン 乾燥・保湿ケアトライアルセットを使ってみました


ビーグレン乾燥・保湿ケアトライアルセット


ビーグレンのベストセラーアイテム4点が揃うトライアルセットです。
17時間保湿』を可能にした高機能化粧水に加えて、シワ・たるみにも効果的な美容液、クリームと、毛穴やザラつきに効く洗顔料が入っていて、乾燥肌にはとても実感が早い組み合わせになっています。
アメリカの薬学博士が開発したメディカルコスメですが、日本人向けの処方になっていて、敏感肌でも刺激を感じずに使えます。

入っているもの何日分か?価格 (税込)返金保証
・クレイウォッシュ(15g)

・QuSomeローション(20ml)

・Cセラム(5ml)

・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

7日分¥1.944あり・365日返品返金保証

button_m_koushikisaito button_m_syousaikiji


いらないチラシが少なくて(どうせ読まないし)すっきり〜!が特徴のビーグレン

香織サムネイル

香織です。
ビーグレンの化粧水がリニューアルされました。
スキンケアの中で、化粧水って、そんなに重要視されてませんよね。
ないと困る感じはするけど、実際そんなに化粧水自体の効果は期待してないみたいな存在だと思います。

ところが、ビーグレン、新製品の化粧水を出したら、たかだか(…と言ってはなんですが…)化粧水のために、トライアルセットもリニューアルしちゃったんです。
17時間保湿』できる画期的な化粧水だから… なんですって。

ビーグレン乾燥・保湿ケアトライアルセット外装

というわけで、乾燥肌&敏感肌のわたくし・香織、さっそく新しくなった『乾燥・保湿ケア』トライアルセットを試してみることにしました。
ビーグレンは、通販限定、自社サイトでしか購入できないのですが、注文してから中一日、佐川急便で到着しました。午前中指定にしましたが、ちゃんと届きました。
外箱のサイズはコンパクトで、257x156x60(mm)、重さは452gでした。

早速開けて、中を確認してみます。


とにかくすっきりしていて、いいんです。
通販系のコスメって、チラシが多くって、ゴチャゴチャいろいろ入っていて、めんどくさくてかえって読まないということが多いのですが、使い方、製品カタログ、全成分一覧、”b.glenish!”という3つ折り会員誌、あと、唯一これはまだ使う人がいるのかしら?と思うFAX注文用紙しか入っていません。

今回は、後払いのコンビニ振込にしてみましたが、手数料も無料でかかりませんよ。
便利なコンビニ後払いですが、けっこう手数料がかかるコスメもありますので、要チェックですよ、気をつけましょう!

最初は洗い上がりのぬるぬる感に驚くかも… クレイウォッシュ

ビーグレン乾燥・保湿ケア_クレイウォッシュ

まず、顔をぬるま湯でぬらしたら、さくらんぼ大の量をとって、両手を合わせてなじませます。
クレイといっても、泥というよりは柔らかめのゲル状で、色はグレー… いわゆる化粧品っぽくはないですね。
香りはほとんど感じません。お手入れに「わあ!バラの香り、癒される〜♡」的なものを求める人は、ビーグレン、合いません(笑)

大事なポイントは、クレイウォッシュは泡立てません、いや、泡立ちません!
手になじませたら、顔全体をやさしーくマッサージするように、汚れとなじませます。泡も立っていないので、つい落ちてるのかな〜と思って、ゴシゴシしてしまいそうですが、大丈夫なんです。
天然のクレイが、勝手に汚れを磁石のように吸着してくれるんです!

ぬるま湯で洗い流しますが、いくらすすいでも、なんだかぬるぬるするので、何回すすいだらいいのか、初めはとまどいました。
いっしょにトライアルを使い始めたなつきちゃんも、「気がつくと30回くらいはすすいでる〜」と言ってましたが、カスタマーサービスの方に問い合わせたところ、「白く残っているところがなければ、すすげていますよ」とのことだったので、わたしは15回くらいにしていました。

さっぱりしないと、ついすすぎのお湯の温度を上げてしまいがちになりますが、乾燥肌の人は、極力低めの温度にしましょう。
お湯の温度のことは、こちらにくわしく書きましたので、気になった方は読んでみてくださいね。

人肌のぬるま湯で洗顔するだけで小ジワが改善するってホントですか?

洗い上がりはなんかぬるぬるしているのが、気になったのですが、タオルで水分をとってみると、ぬるぬるしていません、大丈夫です。
いつも洗顔後は急いで化粧水つけなきゃっていう感じなのに、さっぱりちゃんと洗えているのに、しっとりしていて、うるおいが残っています

しっかり浸透、もちっと感が持続するQuSomeローション

ビーグレン乾燥・保湿ケア_QuSomeローション

夕方になると、鏡を見るのがゆううつ
メイクが崩れてるから、お化粧直ししなくちゃならないけど、直してもノリが悪いし、顔の色もくすんで冴えないし、こんなときはすべてがイマイチな気がしてきて、わけもわからず不機嫌になりそうなのを、ぐっとこらえる…。
40代が近づいてきて、だんだんこんな日が増えてきました。
お肌の調子が良いと、メンタル的にも安定するんですよね、とてもじゃないけど、たかがお肌とは言えません。

朝、たっぷり保湿したはずなのに、お昼ころには「あれ、乾燥してる? なんかパキパキする…」 みたいなことありませんか?
そこで、期待の新製品・『17時間保湿』のQuSomeローションです。

クレイウォッシュで洗顔した後、直径3cm程度手のひらにとります。
少しだけとろみがありますので、両手に軽くなじませたら、顔全体を包んで、やさしく押さえるようにつけていきます。
おーっ! グングン入っていくのを感じます。

ビーグレンは、特に2度付け推奨しているわけではないのですが、1度目の浸透が早いので、自然と2回目を手にとってしまう感じです。
1回目でベースができた上に、さらにしっかり入っていく感触があります。
ハンドプレスでしっかりなじませると、しっとりはしているのですが、イヤなベタベタ感がありません

毛穴が小さくなり、お肌のハリを感じるCセラム

ビーグレン乾燥・保湿ケア_Cセラム

Cセラムは、全成分表示をチェックすると、ホントにシンプルです。
有効成分は、ほぼ7.5%と高濃度のピュアビタミンCです。
ビタミンCっていうと、美白イメージが強いと思うのですが、最近注目されているのが、お肌のキメを整えて、毛穴を引き締める効果なんです。

美容液なんですが、かなりゆるい、水っぽいテクスチュアなので、気をつけないと、手に取るときに、ドボドボたくさん出てしまいます。
おすすめ使用量は、直径2cm程度、両手に軽く広げます。あれ?? なんだか油っぽくて、テラテラしています。
そして、再び? なんだかほのかに、手が温かーく感じます。
今まで使ったことのない、ちょっと不思議な感じのする美容液です。

顔全体を包むようになじませて、口元や鼻のまわりなど細かい部分は、中指と薬指を使って押さえるように入れていきます。
顔が少し温かくなるので、じわじわと浸透してくれている感覚があります。
ちょっと時間がかかるのですが、あせらずじっくりとなじませます。

いやあ、びっくりしました!
乾燥していて、皮膚も薄ーい感じだった目の下のシワシワがふっくらしているんですよ〜。
それに、お肌の表面がととのって、ハリが出ているんです。
しかも、頬の毛穴も目立たなくなっています。
QuSomeローションは、角層を整える効果が高いので、その後に使う美容液の効きもよくなるのだと思います。

重たすぎないけれど、しっかり満足感のあるQuSomeモイスチャーリッチクリーム

ビーグレン乾燥・保湿ケア_QuSomeモイスチャーリッチクリーム

お手入れ最後のステップが、このQuSomeモイスチャーリッチクリームです。
パール1〜2粒大がおすすめ使用量ですが、わたしの場合2粒大まで使わなくても、1粒大で足りました。
わりと固めに感じるのですが、手のひらにとると、バターみたいに自然に柔らかく、溶けていきます。

ひたい・あご・両頬・鼻の5点に置いて、顔の内側から外側に伸ばして行く感じです。
目のまわりは、円を描くように伸ばします。
体温で温まると、とても伸びがよいので、思っていたよりも早くなじみます。
つけた後は、重たすぎないのですが、ハリがあって、手ざわりはスベスベして、しっかりとうるおっているという満足感があります。

スキンチェッカーでお肌の状態をモニターしてみました。

わたしたちは、必ず使用前(3日間肌断食します)、3日間のお試し期間中、使用中止して3日間肌断食後、計6回ずっと同じ機種のスキンチェッカーを使用して、お肌の数値を記録しています。
もちろん今回も計測しました。


わかりにくいと思いますので、表にしてみました。

 スタート時1回目使用1回目使用の翌朝5回目使用5回目使用の翌朝トライアル使用後肌断食3日目
MOIST 水分±0
+ 2
±0+4+3
+1
OIL 油分+1+ 5+4+ 4+5
+5
ROUGH-SOFT キメ・ハリ±0+ 2±0+4+3
+1

化粧水、美容液1品、クリームというシンプルケアですが、それぞれの機能がはっきりしているのが、使ってみてわかります。
QuSomeローションは、保湿効果が高いのと同時に、その次の2品につながるブースター(導入液)としての役割も、とても大きいのが、実際に使ってみると体感できます。

使っている時はいくら良くても、やめたらすぐがっくりお肌の状態が悪くなってしまうなら、それは根本的にお肌の底力を上げる役割はできていないということになりますよね。
このビーグレン乾燥・保湿ケアは、やめて肌断食3日後でも、数値は+1、+5、+1 と、それほど落ち込むことはありませんでしたし、お肌の状態も、数値通りうるおいが持続していて、コンディションは良かったです。

3日間の使用ですが、アゴのあたりがざらざらしていたのが、すべすべになりました。
いつも夕方になると、口元や目のまわりが乾燥したり、ファンデーションのよれが気になっていたのですが、乾燥した感じがなく、化粧ノリも良かったので、メイクを直さなくても済んでいました。
『17時間保湿』って、大げさなんじゃないかと思っていましたが、乾燥肌の人ほど効果を実感しやすいと思います。

ビーグレン乾燥・保湿ケアの残念だったところは?

さて、ビーグレン乾燥・保湿ケア トライアルセットを使ってみて、残念だったところは?

これは、ビーグレンのトライアルセットすべてに共通することでもあるのですが、クレイウォッシュが少なすぎて、全然足りません。
指示通り「さくらんぼ大」使うと、1回に3g近くは使ってしまいます。
実際3日でなくなってしまいました…。

それでも、良さは十分わかりました。
最初はぬるぬるしていて、なんだか使用感にも慣れなかったのが、使ううちに、実はしっかり汚れがとれているのに、全然つっぱらないので、これは絶対リピート間違いないな〜と思いましたよ。

それから、人によっては大切な要素かもしれませんが、無香料なので、香りで癒されるという部分はありません。
わたしたちの評価ポイントには、香りや癒しは入っていないので、そのあたりを重要視する方には向いていないかもしれません。

ビーグレンの公式サイトへ


ビーグレンでは、クレイウォッシュとCセラムは安定して良いのがわかってはいたけど、新しい化粧水もやっぱり良かったね。
保湿は、スキンケアの基本だけど、ちゃんとやってるつもりなのに乾く〜って感じてる人が多いと思う。
わたしは、夕方になってもどよーんとくすんだ感じにならないのが、すごく良かったな。

わたしは乾燥肌で、いつも夕方近くなると、目の下に小じわが出てきてたんだけど、一日中ハリがキープされてたのが、うれしかったな〜。
やっぱりローションとの相乗効果があって、浸透が良くなるのを感じるので、ラインで使う方が絶対効果は実感しやすいよね。
もしかして刺激が強そうって思う人もいるかもしれないけど、産後かなりデリケートになって、ピリピリしがちなわたしのお肌でも大丈夫だったよ。

ビーグレンの公式サイトはこちらから

ビーグレン乾燥保湿DM0002_200x200 うるおう肌は、セラミド量で決まる!
たっぷり保湿しているはずなのに、なんだかすぐに乾燥してしまうと感じている人は、すごく多いんです。 ビーグレンの乾燥・保湿ケアは通販限定なのですが、全国どこでも送料無料だし、使って合わないと思ったら、トライアルでも365日返金保証がついている、とても対応の良い、良心的なコスメです。

ビーグレンについての関連コンテンツ

ビーグレン乾燥・保湿ケアパッケージ ビーグレン 乾燥・保湿ケア 徹底研究
化粧水を変えるだけで、乾燥肌が解消される?!新製品のQuSomeローションは、今までの化粧水とどこが違うのか、徹底研究しています。 「17時間うるおい持続」という画期的な保湿力と、狙ったところに長時間とどまることができるという、国際特許の「浸透テクノロジー」についても調べてみました。

わたしたちの記事に何か感じるものがありましたら、ぜひシェア・保存・ツッコミ♡をお願いします!