1. トップページ
  2. シワ・たるみとりコスメ
  3. 百貨店系コスメ
  4. ≫エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S 徹底研究

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S 徹底研究


エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S


ついに日本の化粧品で『深いしわまで改善する』という製品が誕生しました!純粋レチノール配合の医薬部外品クリームです。
CMにすごくお金かけているようなブランドには、わたしたち辛口なんですが、エリクシール シュペリエルといえば、資生堂のエイジングケアの看板ブランドで、しかも今回は”新効能”
と言っています。
どれだけすごいのか、徹底的に調べてみると、実はほぼ既存商品のリニューアルで、そんなには「すごくないです」…。

シワ・たるみとりコスメに必須!4つのポイント評価

コラーゲンを増やす 肌の水分量を増やす 抗酸化作用 浸透メカニズム
星4個 星3個 星3個 星1個

シワ・たるみとりコスメを選ぶときにはずせない4つのポイントとは?

簡単にまとめちゃうと、エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S はこんなコスメです
  • 30代・40代をターゲットにしている資生堂の代表的エイジングケア化粧品ラインが「エリクシール」、
    高保湿・ハリ系の「エリクシール シュペリエル」と、2010年発売で美白系の「エリクシール ホワイト」の2ラインがある。
  • エンリッチド リンクルクリーム Sは、2017年6月21日発売。資生堂が、純粋レチノールによるしわ改善の新効能の承認を、日本で初めて取得後に発売した部分用薬用クリーム。
  • 処方としては、2009年発売された『レチノバイタルクリーム』 と、ほとんど変わらないので、既存製品のリニューアルと考えて良い製品。

button_m_koushikisaito button_m_taiken

エリクシールほど有名ではありませんが、知る人ぞ知るシワ・たるみとり最強コスメがあります。詳しくはこちらから


やっとレチノールが「シワを改善する」と言えるようになった理由とは?

なつきサムネイル

なつきです。
資生堂が「新効能!」と言っているのは、「レチノールというシワに効く成分が新たが発見されて、配合された」という意味では、全くありません。
また、「レチノールは以前から配合されていた成分だが、資生堂が初めてシワに効くことを発見した」という意味でもありません。

じゃあ、新効能ってどういうことなの? という疑問は、当然です。
今までもレチノールはシワに効果があったんです。
ただ、効くのに「シワに効果がある」とか「シワを改善する」という表記ができなかったんです。

regulations and rules

「効能」って、何かと言うと…。
化粧品はすべて『医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法』の規制を受けるのですが、この中に使っても良いという表現=効能が、わずか56種類だけ明確に決められています。それ以外はNGなんですよ。

なぜかというと、化粧品とは、医薬品=薬 ではないので、実は「良くなったり」「治ったり」してはいけないんです。
もちろん「若返り」「老化防止」「シワ・たるみの防止」といった効能効果を、広告や宣伝ではうたいたいですよね。
でも、上のどの表現も、化粧品の範囲を超えているのでNGです。書いちゃいけません。

今まで、シワ関連で唯一認められていたのは、2011年に追加された「56.乾燥による小じわを目立たなくする」でした。
これですらも、効能評価試験(業界では「抗シワ試験」と呼ばれています)というのにパスしなければ書けません。

「シワを改善する」という表現は、厚生労働省に試験結果を審査してもらって、「効能」として認められると、初めて宣伝や広告に使えるという仕組みです。
すごくわかりにくいんです、日本の法律は。

資生堂リンクルクリームパッケージ効果効能

効果効能を明示しているパッケージ

資生堂は、1993年からレチノールを配合した製品を発売していましたが、今まで資生堂でさえも!『シワを改善する』とは言えませんでした。
純粋レチノールは、これまで肌あれの有効成分としてしか認められていなかったんです。(… シワに効くのに)
そこで、レチノールがシワを改善するという効果を厚生労働省に認めてもらうために、実際に目尻にシワのある女性80人に対して、9週間の効能効果試験を行ないました。

その結果として、見た目だけでなく、数値的・統計的にもシワ改善効果があったということで、めでたくこの『エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S 』 は、効能・効果として、「シワを改善する」と書くことが認められたのです!

商品のコピーにも、新効能「しわを改善する」を取得した医薬部外品のリンクルクリームって書いてあります。
「新効能を取得した」って、けっこう回りくどい言い方ではありますよね。

『シワを改善する』と言えるのは、今のところ資生堂の”純粋レチノール” だけです。

レチノール製品は、大きく分けて2種類あります。
一つはビタミンAのレチノールが純粋な形で配合されている製品、
もう一つはレチノール前駆体、レチノール誘導体と言われる、体内でビタミンAに変わる物質、パルミチン酸レチノールのような成分が配合されている製品です。

後者の製品は、ずいぶん以前から使われていました。
皮膚科では 『トレチノイン』 として、エビデンスがしっかりした、効果のある成分として使われていたのですが、不安定で難しい成分なので、前駆体、誘導体という形でないと配合ができなかったからです。

化粧品の有効成分配合

レチノールは紫外線、酸素、水に対して弱い、化学的に不安定な成分です。
純粋レチノールを安定化させる技術を開発して、1993年に世界で初めて発売したのは資生堂なんです!
ですから、広告や宣伝で「30年以上の研究実績」と言っているのは本当で、レチノール研究ではまさにトップブランドなのは間違いありません。
資生堂は、純粋レチノール製剤だけに使用する独自の容器も開発しています。

その上、厚生労働省に認められるための効能効果試験を実施するには、多額の費用と時間がかかるんです。
なので、大手企業やデパートブランドしかやりません/できません。

というわけで、現在レチノールを配合している化粧品はたくさんありますが、『シワを改善する』 という表記をして良いのは、この資生堂の 『エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S』 だけというわけです。

資生堂のレチノールじゃなくてもシワは改善するの?

今まで読んでくださったので、おわかりと思いますが、どこのコスメブランドでも、レチノールを配合することはできます。
資生堂のレチノールは、効能効果試験にパスしていますが、だからと言って、これだけがシワに効くというわけではありません。

もちろん、純粋レチノールであれば、成分を安定化させる高い技術はもちろん必要です。

ただ、もし同じような技術があっても、『シワを改善する』という表記はできません。
けっこう見かけますよね、「気になるライン」とか「年齢サイン」とか… なんだかあいまいな、ちょっとわかりづらい表現をしているコスメ(笑)
これは、お金のかかる効能効果試験をやっていないので、『シワを改善する』とか『乾燥による小じわを目立たなくする』とか、広告上は言えないからなんです。

資生堂レチノバイタルクリーム

もともとエリクシールには、2009年発売された『レチノバイタルクリーム』という純粋レチノール配合の部分用美容液があるのですが、処方を比較すると、ほとんど同じです。
容量は15gと同じで、しかも2.000円も安くなっているんです!
CMも豪華ですよね〜、杏、石田ゆり子、篠原涼子、樋口可南子、真木よう子、宮沢りえ… あれ、滝川クリステルがいないけど?… ともかく、表情プロジェクト、お金かかってます。
大ヒット商品にしようという資生堂の意気込みが伝わってきます!

ちなみに、レチノールではありませんが、約半年前に発売されたポーラの大ヒット商品『リンクルショット メディカル セラム』は、20gで16,200円(税込)なので、お値段は約2倍です。
ポーラ、基本的に高いですよね。
(でも、今回のシワ対決では、ポーラは全く新しい成分が初めて承認されたのに比べて、資生堂は既存の製品リニューアルですので、価格差はある程度しかたないかな…) 

純粋レチノール入りの化粧品でも、目元・口元など部分用と、全顔に使えるものがあります。
レチノールはターンオーバー促進、ヒアルロン酸を増やす保湿作用など、本当に高機能な成分ですので、部分用に使うだけではもったいないかなと思います。この資生堂のクリームは、基本的には部分用として販売されています。
メーカーによって、テクスチャーや使用感は全く違いますので、この製品もぜひ使用レポートを参考に読んでみてくださいね。


エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S を4つのポイントでチェックしてみると

それでは、シワ・たるみとりコスメに絶対欠かせない4つのポイントについて、エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S をチェックしていきましょう。

コラーゲンを増やす成分が入っている

レチノールは、真皮の線維芽細胞を活性化して、コラーゲン合成を促進する作用があります。


肌の水分量を増やす成分が入っている

レチノールは、表皮のヒアルロン酸生成を促進する作用があります。
独自成分『コラーゲンGL』に含まれる水溶性コラーゲン(F)は、タラの浮袋から抽出されるコラーゲンで、優れた保湿効果があります。
ただし、肌の水分量自体を増やす機能があるわけではありません。


抗酸化作用がある成分が入っている

酢酸DL-α-トコフェロールは、ビタミンE誘導体の一種で、血行を良くして肌荒れを防止する効果や、皮膚の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。


しっかり肌に浸透するメカニズムをもっている

化粧水、乳液とも「肌表面の角層」のすみずみにまで浸透するということです。業界1位のメーカーだけに、なかなか踏み込んだ表現ができないのかもしれませんが。

 

ものすごく宣伝広告費をかけていて、資生堂の売ろうという意気込みが伝わってくる新製品なんだけど、調べてみると、既存の製品とほとんど処方は一緒なんだよね。
販売店の人たちも、「レチノールの良さは10年以上前からわかってるのに、今さら〜?!」みたいな反応だしね。
日光に当たると効果が弱まるとか、人によってはカサつくとか、ちょっと注意点はあるけど、エビデンスがはっきりしているので、きちんと使えば効果があるという安心感もあるのが、レチノールの良いところね。

レチノールは、どうしても検索すると、2013年の回収騒動が出てくるので、結構危ないと思う人が多いみたいね。
もちろん安全性は大事なので、心配な人はサンプルもらったり、トライアルセットで試してみると良いかもね。
このエリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム S は、部分用でかなりべたつくので、全顔使用したい人にはあまりお勧めできないタイプかな。

おすすめの関連コンテンツ

エリクシールシュペリエルトライアルとリンクルクリーム エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム Sを使ってみました
純粋レチノール配合で、『シワを改善する』期待の新製品を発売日に手に入れて、使ってみました。一番相性の良いはずのエリクシール シュペリエルのトライアルセットに、スペシャルケアのリンクルクリームを加えて、詳しくレポートしています。

もう失敗したくない!本気で探したシワ・たるみとりコスメランキング

香織となつきWアイコン シワ・たるみに効く最強コスメを徹底的に探せ!
シワ・たるみとりコスメを選ぶときに失敗しないためには、絶対に欠かせない4つのチェックポイントがあるんです。
さらに、チェックポイントをクリアーしたコスメを2人で実際に使って徹底的にしつこく詳しくレビュー、その上でおすすめできるコスメをランキングでご紹介しています。

わたしたちの記事に何か感じるものがありましたら、ぜひシェア・保存・ツッコミ♡をお願いします!