1. トップページ
  2. 正しいシワ・たるみとり大事典
  3. ≫太っていないのに大きく四角くなってしまった顔をなんとかしたい!

太っていないのに大きく四角くなってしまった顔をなんとかしたい!


加齢で四角くなった顔

最近、香織ちゃんも知ってる友達の陽子をランチに誘ったら、
「このごろ太ってもいないのに、フェイスラインがたるんで、なんだか顔が四角くなって、鏡も見たくないし、人にも会いたくないよ〜」って、けっこう深刻だった。
「そんなときこそ、頼ってくれれば!解決策あるよ〜」って言ったんだけどね。

えー、陽子ちゃんって、確か39歳だったよね … 。
顔四角くなって悩んでるんだ!
わたしたちくらいの年だと、エラが張ってきて気になるっていう人も、けっこう多いよね。エラ張ってると、その下がくぼんで影ができるから、よけい老けて見えちゃう。
もともとの骨格が出てきたんだと思って、あきらめてる人いるみたいだけど、ほとんどの場合はそうじゃないのよね〜。

フェイスラインがたるんだ四角い顔を小さくする!おすすめの小顔コスメはこちら

四角いエラ張り顔の原因は筋肉のコリだった!

なつきサムネイル なつきです。
「顔が大きい」…って、最悪な気分じゃないですか?
しかも、太ったわけでもないのに、顔がなんだか四角くなってきた…こんな悩みありませんか?
わたしのお友達の陽子ちゃん、めちゃめちゃ落ち込んでましたが、よくよく話を聞いてみると、改善できそうなんです。

では、ここでチェックリストです。思い当たることありませんか?

  • ふと気づくとなんだか顔が前より大きく四角くなっている
  • 太ったわけでもないのに、二重あごになっている
  • もっとアゴのラインがシャープだったのに、年齢とともにエラが張り出してきた
  • 不機嫌でもないし、前と同じ表情のつもりなのに口角が下がってきた

シャープなV字型のフェイスラインって、やっぱり若々しく見えるんです。
それが、だんだん丸くなってきて、四角くなってきて、首との境目がはっきりしなくなってきて…というのが、残念なフェイスラインのたどる道です。
でも、けっこう若い時から、太っているわけじゃないのに、顔と首の境目がはっきりしなくって、二重あごっぽい人もいますよね。なんだかちょっと損してる感じの。

実は意外な原因があるんです。
チェックリストに該当したあなた!顔の筋肉、凝っていませんか?
なんて、急に言われても、顔の筋肉が凝っているかなんて、ほとんどの人が意識したことがないと思うんです。

チェックリストを見て、おそらく思いつくポイントって「たるみ」ですよね。

すごくシンプルにまとめてしまうと、
加齢によって、顔を構成している皮膚(表皮・真皮)がたるみ、その下の皮下組織の脂肪層が大きくなってたるみ、
さらにその下の筋肉(表情筋)が弱って、フェイスラインがたるんじゃうんです。

咬筋

ここが口を閉めるときに働く「咬筋」です

だから、フェイスラインのぼやけた、大きく四角い顔にならないためには、まず皮膚のたるみケアが、どうしても必要だってことなんです。
ただ、それはそうだよなーって思うコト以外にも、知られていない「顔が四角く大きくなる」理由があります。
それが、顔の筋肉のコリなんです。

顔の筋肉って、もちろん衰えを食い止めるために鍛えたほうがよい筋肉のほうが多いのですが、ほぐしたりストレッチしたりすることが大切な筋肉もあるんです。

咀嚼筋(そしゃくきん)というモノをかむ運動に関わる筋肉のうち、特に口を閉める運動に使われる咬筋(こうきん)です。

ストレスたまってるとフェイスラインがたるんじゃう謎

4本の指を、頬骨の下のくぼみを覆うようにおいてみてください。

指を置いたまま、グッと噛みしめてみて盛り上がるのが、咬筋です。
咬筋が発達してくると、生理的反応で、筋肉から力を受けている骨が盛り上がってきてエラが張ってきます
また、筋肉なので、たくさん使えば疲労物質が貯まるし、凝ったら硬くなって、しこりのようにエラとして出っ張ってきます。
エラが張ってくると、頬の下に影ができるので、よけいに老け顔が強調されちゃうんです。

朝起きたときに、あごがだるいことがある人いませんか〜?
危険です、顔たるんできますよ。いや、もうたるんでるかも。

最近、無意識のうちに歯ぎしりや食いしばりをする人が増えています
ということは、四六時中、歯のみならず、あごの関節や筋肉に強い力がかかり続ける…
これって、毎日毎日咬筋のトレーニング = エラを張る、顔が大きくなるトレーニングしているのといっしょです。
もしかしたら、わたしは歯ぎしりも食いしばりもないから関係ない!と思っていませんか?
実は、わたしもそう思っていたんです。
だから歯科治療を受けに行ってはじめて、歯科医の先生に 「寝ているときに、歯食いしばってますよね」と言われても、最初は???でした。

ストレスで食いしばり

歯ぎしりや食いしばりって、ストレス発散なんだそうです。
日常でも「急がないと遅れちゃう〜」
「これって、なんか人からおかしいと思われないかな?」
「なんかもうイライラする!」
「あー、がんばらないと〜」
なんて、意識しなくても考え事しちゃうときってありますよね。
こんなときです!無意識に口元に力が入ってしまう食いしばり要注意ポイントです。

ほかにも、集中してパソコン作業を行うなどデスクワークをしているとき、姿勢が悪かったり、頬杖をついていたりすると、無意識に食いしばっていることが多いですよ。

咬筋の使い過ぎで筋肉が発達して肥大してしまう

それに対して、他の部分の筋肉は加齢で衰えてたるむ

咬筋のコリ=エラがどんどん目立つ・顔が大きく見える、
他の筋肉の衰えによる頬のたるみ、口角の下がり、フェイスラインのゆるみがよけいに強調される

という状態が引き起こされていくわけです。

ということで、無意識のうちに凝っている咬筋をほぐして、マッサージすると改善されることが、実はずいぶんあるんです。

コリをほぐして小顔になる!咬筋マッサージは効果があります

歯科医で指導を受ける

このマッサージ法は、わたしが食いしばりを指摘された歯科の先生から教えていただいたものなのですが、とても効果があります。

実は口の中のコリって、頭や首の血流が悪くなるので、頭痛目の疲れ首や肩のコリ… いろんな不定愁訴につながったりすることもあるそうで、食いしばりを治すのと同時に、治療の一環として指導されているものです。

なので、もともとフェイスラインのたるみ、二重あご、エラ張りを良くする目的ではないのですが、結果的に小顔効果が出ていて、なかにはシワがのびたという患者さんもいるそうです。
しかも、簡単なんです!

咬筋の位置は、先ほど顔の上から確認していただいたと思いますが、口の中からだと、上の歯と、頬の裏側との間で、頬骨にくっついています。
咬筋のコリは、このくっついている部分に多く発生します。

親指を歯の並びにそって口の奥へと差し入れて、頬をつかむようにします。歯茎の脇に縦に走っている太い筋肉が掴めます。これが咬筋です。
コリ取りマッサージでは、この咬筋が上下の歯茎にくっついている付け根の部分をストレッチします。

えーと、これけっこう痛いです… が、やったあとはスッキリ気持ちいいんです。
咬筋のコリをほぐすと、それと連動している他の筋肉の緊張もゆるめることができるからです。

    1.親指を口の中に入れ、口の奥へ差し入れる
    2.歯茎の奥に縦に走っている咬筋の下の付け根に親指を当て、ほおの外側から、残り4本の指をそえてつかむ
    3.親指で咬筋を付け根から押し剥がすように、外の方向へ約1分押し続ける
    4.反対側も同じように行なう

「押す」と書きましたが、咬筋のつけ根をつかんでストレッチさせるように外側に向かって引くようなイメージでやると、うまくいきます。
さすったり、こすったりする必要はありません。
もし、コリや痛みに左右差があるようでしたら、凝っているなと感じる方を重点的にやってみてください。

それと、マッサージは姿勢を良くして、必ず背筋を伸ばしてやってください。
イメージとしては、頭の真上から、からだが糸で吊られている感じです。
あごを突き出した猫背姿勢だと、やってみるとわかるんですが、口角が下にひっぱられて下がり、頭の後ろの首の筋肉が引っ張られるので、顔周りの筋肉がうまく働きにくくなります。

しかも、コリがとれて口角が上がると若く見られます!

残念ですが、アラフォーともなると、無意識でいると口角が下がっていることが多くなります。
口角が下がっている状態だと、ほうれい線もマリオネットラインも強調されて、より不機嫌そうな老け顔になります。
そうそう、口角下がっている時って、眉間にシワが寄っていることも多いんですよ。

このマッサージ、わたしの場合、初めてやって鏡を見たら、口角が上がっていました。口が開きやすくなって、口角も上がりやすくなるんです。

上がった口角

口角上がっているのは若見えの大きな要素なので、こんな簡単なことで上がるのはすごいと思います!

わたしはやり始めてから半年くらいになるのですが、フェイスラインのたるみはあまり感じないので、効いていると思います。
あとやっぱりパソコン見てる時間が長いので、首や肩のコリはしょっちゅうでしたが、このストレッチをするとけっこう即効性があって、スッキリします。

もちろん、フェイスラインのゆるみ、口角の下がりなどの悩みには、顔の皮膚(表皮・真皮)のたるみケアがとても重要です。
顔を大きく四角くしないためには、しっかりコラーゲンを増やすケア、表情筋を鍛えるケアも合わせて、総合的に立ち向かっていかないと、老け顔一直線です。

そんななかで、この咬筋をほぐすマッサージは、ちょっと人前ではできませんが、簡単で効果があるので、おすすめですよ。
もちろん、陽子ちゃんにもすすめたら、痛気持ちよさにはまって続けているようです。

 

  • 口を閉める運動に使われる咬筋(こうきん)にコリがたまってくると、エラが張って顔が大きくなったり、二重あごや口角の下がりの原因になります。
  • ストレスや姿勢の悪いデスクワークなどで、咬筋が凝っている人が増えています。
  • 歯科医師が指導している咬筋をほぐしてコリをとるマッサージは、フェイスラインのゆるみ、エラ張り、二重あご、口角の下がりにも効果があります。
  • 頬のたるみ、フェイスラインのゆるみは、顔を大きく四角く見せるだけでなく、エラの張りによって、より強調されて、老け顔になるので、皮膚のたるみケアを合わせて行なうのがとても重要です。

『一生ものの美肌をつくる シワ・たるみとりの新常識』記事一覧に戻る

四角い顔に悩んでいたらぜひ使ってみてほしいコスメです。

ビーグレン新たるみ・ほうれい線ケアトライアルセット ビーグレン たるみ・ほうれい線ケア 徹底研究
シワ・たるみとりコスメに絶対欠かせない4つのポイントチェックで、トップ評価のビーグレン。たるみ対策として、コラーゲンを増やす成分が多数配合されています。さらに、顔のむくみをとるリンパを増やす作用のある新成分には、フェイスライン、頬のたるみをすっきりとさせる効果があります。四角くなっちゃった顔にも効果ありますよ!

もう失敗したくない!本気で探したシワ・たるみとりコスメランキング

香織となつきWアイコン シワ・たるみに効く最強コスメを徹底的に探せ!
このサイトでは、シワ・たるみとりコスメを、美容皮膚科の先生や、化粧品開発担当者に取材したり、各種の研究結果も手分けして調べた結果決めた4つのチェックポイントで評価しています。そして、必ず実際に使ってみた上で、シワ・たるみに効果があるものだけをランキングでご紹介しています。

わたしたちの記事に何か感じるものがありましたら、ぜひシェア・保存・ツッコミ♡をお願いします!