1. トップページ
  2. 正しいシワ・たるみとり大事典
  3. ≫危険!口の横のシワ消しておかないとブルドッグ顔になりますよ!

危険!口の横のシワ消しておかないとブルドッグ顔になりますよ!


二重ほうれい線が気になる

香織ちゃんのお友達のよしこさん、ほうれい線だけじゃなくって、口角から下に向けて、なんだかシワみたいなくぼみができてるって、気にしてた…。
口元が下がってくると老けて見えるけど、口の横にできるシワもすっごく気になるよね〜。
マズイ、マズイ!! わたしたちも早めに手を打たなきゃね。

そうなのよ、油断して口角が下がっている状態だと、斜め下に線が入っちゃうのに、気づいたんですって!
あのライン、口の横にできるシワ?たるみ? あれが「マリオネットライン」だったのね〜。
ほうれい線とダブルであると、見た目的にもブルドッグ顔まっしぐら!って感じだから、絶対に防ぎたいよね。

口の横のシワをすぐ消してブルドッグ顔防止!おすすめのコスメはこちら

口の横にできるシワ = マリオネットラインです。

なつきサムネイル なつきです。
マリオネットライン」って聞いたこと、ありますか?
ついつい「かがみの〜なかの、マリオネット♪」って、口ずさみたくなりますが(笑)
下がった口角から、腹話術の人形のように、口の横から下に向けてできる縦のシワのことなんです。

マリオネットラインって、一般的には、40代後半から目立ち始めると言われているんですが、実はこのごろ30代にも増えているんです!

腹話術の人形

おなじみの小鼻の脇から出ているほうれい線と、セットでできている状態を「二重ほうれい線」なんて呼ぶこともあります。
もー、気づいた時にはガーンっ!ですよ。
これができると、もう一気に老け顔になって、ホントにガッカリな感じになります。

そして、この二重ほうれい線が進行してしまうと、ブルドッグ顔になってしまうのです。
マリオネットラインは、もちろん見た目的にはシワなんですが、これ、実はシワではありません。

このマリオネットラインができてしまう理由は、主に4つあります。

  • 頬の脂肪「バッカルファット」の下垂
  • 口元から下あご、首にかけて広がる「広頸筋(こうけいきん)」のたるみ
  • 口角を引き下げる表情筋「口角下制筋(こうかくしたせいきん)」が、口角を引き上げる「口角挙筋(こうかくきょきん)」より強くなる
  • 真皮にあるコラーゲン、エラスチンが減少、ハリ・弾力がなくなって重力で頬の皮膚がたるむ

「バッカルファット」って、なんですか?

バッカルファットの位置

出典: Wikipedia

バッカルファットって、聞きなれない名前ですよね。
この図を見てください。黄色い部分がバッカルファットです。
けっこう大きなもの?頬の深い部分にある脂肪のかたまりなんです。「buccal」= 頬の、「fat」= 脂肪 と、実はそのままの名前です。
図でみると、脂肪の下端、口元近くのなんかイヤ〜な感じのところにありませんか。

ときどき「メーラーファットパッド」というのと、混同されることがあるようですが、違います。メーラーファットパッドというのも、頬の脂肪なのですが、もっと浅い部分、皮膚のすぐ下にあります。

バッカルファットを支えている筋肉、たとえば側頭筋などが弱ってしまったり、バッカルファットにくっついている皮膚がたるんでしまうと、重力でどんどん脂肪は下がります。

下がった脂肪が、口角下制筋という口角を下げる筋肉の上にかぶさると、溝ができてマリオネットラインといわれるようになるわけですね。

スマホに熱中してつい無表情な人注意!顔が早くたるみますよ。

表情豊かな女性

主にマリオネットラインをつくってしまうのに関係しているのは、口角を下げる「口角下制筋」と、口元から下あごから首にかけて広い範囲を被っている「広頸筋」の2つの筋肉です。

顔面の表情筋って30種類以上あると言われているのですが、収縮することによって、皮膚が引っ張られて、
眉が上がったり、額に横じわが入ったり、口角が上がったり下がったりして、顔の表情がつくられます。
この筋肉たちは顔の皮膚に直接くっついていて、しかもすべて同じ顔面神経に支配されているので、すごく連動性が高いんです。

だから、無表情な人は = 筋肉使ってない ってことですから、筋肉についている脂肪や皮膚が下がりやすくなって、顔のたるみは早くなります

わたし、無表情じゃないから大丈夫だもん!と思っているあなた。
じっとスマホいじってたり、デスクワークでPC使っているとき、どうですか?
無意識に口角下がって、口がへの字になったりしていませんか?

これが、最近マリオネットラインが30代にも増えてきている原因のひとつなんです。
そんなつもりはなくても、口角下げる「口角下制筋」を鍛えちゃってます。

すぐにできる対策としては…
デスクの上に鏡を置いて、いつでもふと我に返ったら表情チェックできるようにする、
そして、まずいと思ったら、ほうれい線にも首のたるみにも効く「すーしー体操」してみる、


1.背もたれのあるイスに深く座り、背もたれの後ろ側で手を組んだ状態で上を向きます。

2.上を向いて唇を突き出し、「すー」と言いながらとめます(4秒間)

3.口を横に開け、「しー」と言いながらとめます(4秒間)

4.1、2を5回繰り返します
※ 上を向くときには、首だけを動かさず、肩を引いて胸を反らすようにしながら行いましょう。

地味だけど、毎日の積み重ねが大事ですよ〜。

重要です!ほっぺの皮膚のたるみ対策してますか?

皮膚のハリ・弾力を保つのも、ホントに大事です。
いくら筋肉を鍛えたとしても、筋肉のくっついている皮膚に弾力がなければ、結局たるんで、下がってしまいますからね。

弾力のあるゼリー 肌はハリと弾力を保っている真皮と、その上で潤いを保つ表皮で構成されています。
25歳を過ぎれば、もう真皮のコラーゲンやエラスチンの製造工場である線維芽細胞(せんいがさいぼう)の生成が低下してくるので、ハリや弾力はどんどんなくなってきます。

とにかくハリ・弾力キープのためにはコラーゲンの量を減らさない!
そのためには、ハリをしっかり保って増やすコスメを使って、ほっぺをたるませない!
コラーゲン入りの化粧品では、コラーゲンは増えませんので、そこは気をつけて選んでくださいね。
詳しくはこちらを読んでみてください。

飲んでも塗っても効果がない?!コラーゲンを増やす正しい方法とは?

ほうれい線とマリオネットラインの二重ほうれい線を予防して、もしできてしまった場合にも、とにかく気づいたら、すぐに手を打って進行させないようにしましょう。
気づけば、ブルドッグ顔〜なんて悲しすぎますからね。


  • 小鼻の脇から出るほうれい線と、口角から下に出るマリオネットラインの「二重ほうれい線」が進行すると、ブルドッグ顔になります。
  • 頬の奥にある脂肪・バッカルファットが下がって、口角下制筋にかぶさってできた溝がマリオネットラインです。
  • スマホ・PCを使っているときの無意識の無表情も、顔面表情筋を弱らせるので、マリオネットラインの原因になります。
  • 顔の筋肉が直接ついている皮膚の弾力を保つためには、コラーゲンを増やす化粧品を使ったり、線維芽細胞を活性化させるピーリングが効果的です。

『一生ものの美肌をつくる シワ・たるみとりの新常識』記事一覧に戻る

 

マリオネットライン対策にぜひ使ってみてほしいコスメです。

ビーグレン新たるみ・ほうれい線ケアトライアルセット ビーグレン たるみ・ほうれい線ケア 徹底研究
たるみがスッキリ! ほうれい線対策のために、頬の皮膚をたるませないことに、きっちりフォーカスしているシワ・たるみとりコスメNo.1。もともと治療薬の有効成分を皮膚から必要なところに浸透させる研究の第一人者で、特許をもっているアメリカの薬学博士が開発、処方も日本人向けで安心できます。

もう失敗したくない!本気で探したシワ・たるみとりコスメランキング

香織となつきWアイコン シワ・たるみに効く最強コスメを徹底的に探せ!
このサイトでは、シワ・たるみとりコスメを、美容皮膚科の先生や、化粧品開発担当者に取材したり、各種の研究結果も手分けして調べた結果決めた4つのチェックポイントで評価しています。そして、必ず実際に使ってみた上で、シワ・たるみに効果があるものだけをランキングでご紹介しています。

わたしたちの記事に何か感じるものがありましたら、ぜひシェア・保存・ツッコミ♡をお願いします!